交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

慰謝料

起きてすぐ

交通事故の慰謝料は3つの基準があります。

それは、自賠責基準、保険会社基準、裁判基準です。
この中で自賠責基準が一番低く、裁判基準が
一番高いです。

多くの人は被害者になると、相手の保険会社から連絡が入り、治療のあとで
慰謝料が提示されますが、その額の低さに驚いています。

「自分の身体の値段はこんなに低いのか?」「あんなに怖い思いをしたのに」
という思いでいっぱいですが、相手の保険会社は、「普通はこれです。」といわれるので、
そんなものかと思って落胆してしまいますが、そこで納得できればかまいませんが、
納得できない場合は弁護士に相談することです。

なぜなら、各保険会社は自分たちの基準で勝手に示談金として用意しているだけです。
しかも各保険会社によって違います。

しかし、弁護士の場合は過去の判例や裁判を想定して請求するので
妥当な金額まで増額して請求することができます。

金額の低さどうこうよりも、なぜその金額になるのかといったような
納得のいく確実な答えを求めるのであれば、やはり
プロである弁護士に話を聞くほうが間違いありません。

交通事故の場合は法律事務所に一度相談したほうが後悔がありません。

朝日を見に