交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

子供

自動車による事故が多発しています。加害者・被害者がともに
成人である場合は、本人がきちんと事故の状況を証言することが
できるため、問題を解決することは容易なのですが、被害者が
子供の場合は注意しなければなりません。

特に、子供が被害者となっているような場合には、周りの大人が
事故の処理について配慮をしてあげたいものです。


加害者側の大人が自分の有利に話を進めたい、自分の責任の割合を
できるだけ少なくしたいといった思惑がある場合が少なくないからです。

運転する


加害者の言い分の方が明確になっている
ケースが多く、そのままでは
加害者の主張が通ってしまいます。
大人でも突然の交通事故で気が動転してしまい、冷静な判断や
客観的な決断ができないことが多々あります。


それが子供に起こるのですから、言わずもがなでしょう。

親権者が子供から事故の状況や原因、その後の経過など。
きちんと話を聞き取って、事実関係を整理する必要があります。

日陰


そうすることで、子供に対しても過大な恐怖心から
救ってあげることもできるでしょう。

交通事故で子供が打ち身になってしまった場合、
本人は状況をうまく説明することが難しいものです。

親権者が一緒に医療機関を訪れ、事故当時の状況を細かく確認していきます。
交通事故で怖いのは後遺症なので、痛みが強くなっていかないか、
経過を把握することが大切です。

また子供自身からは言いだしにくいことや、多少の痛みがあっても
放置してしまうこともあるかもしれません。
周囲の大人が気を配ることで後々の大きな問題を防ぐことができるでしょう。