交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

示談代行

交通事故の損害賠償の金額は、事故の当事者同士が話し合いをする場である
示談交渉で決められます。

示談交渉は当事者同士の話し合いですが、多くの自動車任意保険には
示談交渉代行サービスが付いているので、加害者サイドからは
保険会社の担当者が交渉にあたるのが普通です。

この示談交渉代行サービスは相手に対して賠償責任がない場合は
適用にならないため、過失割合がゼロつまり100パーセントの被害者の方は
示談代行を保険会社に依頼することができない仕組みです。

光が差す

よって被害者は自分で保険会社と示談交渉
しなくてはなりませんが、
知識がない中で示談交渉を進めるのは、
相手方のペースに巻き込まれてしまう可能性が高く
金額的にも損をしてしまうことが多くなります。

これを避けるには、交通事故の被害者は弁護士の
サポートを受けるのが一番です。
弁護士に示談代行してもらえば自分に不利なペースを回避できますし、
金額も被害者に有利に交渉してもらえます。

自動車任意保険には交通事故に備える弁護士費用特約という制度があって、
この制度では交通事故の被害者が弁護士に相談する費用が任意保険から補てんされます。

田舎の道