<

交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

逸失利益

交通事故の被害者になった場合、物損だけでなく、ヘルニアになる等
後遺症が生じることがあります。

後遺症が生じれば、治療費、休業損害等に加えて後遺症慰謝料、
逸失利益を請求することができます。

逸失利益とは、手が震えて細かい手作業ができなくなることなど、
後遺症により労働能力が低下し、将来的に失われることになる利益のことをいいます。

この場合、弁護士としては自動車損害賠償責任保険に基づく被害者請求をしたり、
訴訟で請求するために後遺障害等級認定を請求することが考えられます。

怖かった

この等級認定をするのは損害保険料率算出機構です。
等級認定がされなかったり、不当に低く
認定されたような場合には、
異議申し立てをすることもできるため、弁護士は
依頼者と相談のうえ対応を決めていくことになります。

ただし、ヘルニアは交通事故前から発症していた
可能性や、疾患として過失相殺される可能性も
あるため、事故前の症状の有無、
診断の有無等十分な調査をしておく必要があります。

車が来る