交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

びっくりした損害賠償額

交通事故に合われた時の損害賠償額がこんなものかと愕然とした。

そんなときは弁護士に依頼して交通事故の裁判をご検討されてはいかがですか。

自賠責保険の基準、任意保険の基準、交通事故の弁護士の基準と
損害賠償額には3つの基準があります。

朝一

保険会社の基準は保険会社の立場に立った損害賠償額なので低く抑えられてしまいます。

しかし弁護士の基準は被害者側の立場に立った損害賠償額なので
この中の基準では一番高くなっているのです。

被害者ご自身で保険会社と交渉を行ってもなかなか増額を
認めてもらえないので、交渉力があるプロにお任せが安心です。

なにもせずに示談に応じるより、弁護士に交渉に乗り出してもらったほうが
増額される可能性が高いです。 弁護士基準を前提とした示談交渉を
行うために、場合によっては3倍になることがあります。

夏の

弁護士費用をかけてもかなりの額を手元に残せるでしょう。

煩わしい保険会社との示談交渉をお任せすることで、治療に専念することができます。
法律のことについては、やはりプロに任せてしまったほうが安心です。
素人では時間もかかりますし、逆に不利になってしまうことも。
ご自身で多少の法律の知識を得ていくことはもちろんいいですが、
実際の交渉は弁護士に任せたほうがいいでしょう。