交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

内容証明

交通事故で過失が0の場合には、相手側の保険会社と損害賠償等に関して
交渉をすることになりますが、この場合には十分に注意をする必要があります。

事故処理に関しては、一般的には相手側の保険会社が連絡をしてくることで
示談等を進めることになります。

示談では被害者に不利な内容をもって提示してくる場合があり、
納得ができない場合には示談合意を拒むことになります。

虹がかかる

しかし、解決に進展が見られないと相手側が
判断をした場合には内容証明を送付してくることがあり、弁護士を代理人としている場合には
無視することで不利になってしまう可能性があります。

内容証明は、それ自体は法的な拘束力は一切ない書式となりますが、
裁判においては物的証拠の1つとして捉えられることになり、
訴訟の提訴がなされた場合には不利となってしまいます。

訴訟の場で争うこともできますが、相手が弁護士の場合には難しい面があり、
この場合、対応策としてはこちらも代理人をたてることで対抗をすることになります。
通常、交通事故に関しては任意保険に弁護士特約を付けていることも多く、
利用をすることが最適な解決の方法となります。

こういった万が一の場合に備えて、事前にしっかりと
保険会社にも確認をしておき、いざというときに
すぐ動けるように、信頼できる弁護士を探しておくことも重要です。

冷静に