交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

念書

交通事故を起こしてしまった際、もし人身事故であれば必ず警察と保険会社が入るのですが、
物損事故の場合は、その場で示談や原状回復の念書を求められることがあります。

走行中

相手は感情的になっていますから、それを安易に
受け入れて応じてしまうと、必要以上の
高額な負担を負わされる危険性があります。

しかも、当事者同士で示談してしまうと、賠償に関して当事者同士で合意したことになるので
後から取り消すということが出来なくなります。

交通事故で保険会社が支払う保険金額というのは、基本的に原状回復(修理)に
かかった費用であり、被害者がどれだけ思い入れのある車でも、業者の見積もりによって
時価で金額が出ます。

その人にとって100万円の価値がある車でも、実際には20万円の価値しかないといった
ケースもあるので、安易に念書を交わすことなく弁護士に相談することが大切です。

もし、どうしても断ることが出来ずに念書を書いてしまった場合でも、
法的な効力はほとんどないので、保険会社に賠償問題を一任していれば、
たいていの場合は問題なく解決します。

留まる

もし、相手から損害賠償の裁判を起こされた場合は、
こちらも弁護士を立てて争うこととなります。