交通事故のことは弁護士に任せて綺麗にやる

低すぎる賠償額?

交通事故に遭われた被害者の方やそのご家族の方は、
保険会社から提示された損害賠償金に納得していますか。


もし低すぎて納得ができないというときは
交通事故専門の弁護士に相談してみてください。

安らぎ

弁護士が依頼主様に代わって損賠賠償金の増額を
認めてもらえるように、保険会社と交渉を行います。

ご自身で保険会社と交渉を行っても増額が認められることは
少ないので、交渉力のある専門家にお任せしたほうが良いです。

怖い


交通事故の損賠賠償金には自賠責保険の基準、
任意保険の基準、弁護士(裁判)の基準と
3つの基準があります。


右に行くほど損賠賠償金が高くなります。
裁判されることで自賠責保険の基準、任意保険の基準から
一番高い弁護士(裁判)の基準まで引き上げられることが期待できます。


保険会社は損害賠償金のお支払をできるだけ抑えようとしてくる傾向があり、
最初に提示された額が適切でないことが多いです。

安易に示談に応じる前に適切な損害賠償金であるか調べることが大切になります。